豊島区,池袋でインプラント治療するなら池袋デンタルオフィス

Tel:0120-418-188

お役立ち情報

必見!虫歯予防になる食べ物とは?

「甘いものを食べすぎると、虫歯につながる」
そんな風に、小さい頃から言われていた方も多いかと思います。
しかし、なぜ甘いものを食べる事が虫歯につながるのか、考えたことはありますでしょうか。

そもそも虫歯とは、酸によって歯が溶かされる病気のことです。
虫歯菌が糖を分解して作る酸が原因で、甘い食べ物は基本的に「糖質」が多いため、虫歯になりやすいというわけです。

逆に言えば、歯が溶けないよう健康に保つことが、虫歯予防につながります。
歯磨きを心掛ける事も大切ですが、今回は、歯の健康に役立つ食べ物について、ご紹介します。

歯に必要な栄養素

歯を健康に保つためには、どういった栄養素が必要か考えてみましょう。
原料となる「カルシウム」、歯の表面を覆うエナメル質を強化する「ビタミンA」、歯の主体となる象牙質をつくる「ビタミンC」、歯磨き粉などにも使われ、歯を強化する役割がある「フッ素」などが必要な栄養素としてあげられます。

例えば下記の食材が当てはまります。

・カルシウム(歯の原料)
→乳製品(ヨーグルトやチーズなど)、小魚、大豆、ひじき、ごま、小松菜など
・ビタミンA(エナメル質を強化)
→かぼちゃ、人参、レバー、卵、うなぎ、ほうれん草など
・ビタミンC(象牙質をつくる)
→レモン、みかん、ピーマン、パセリ、ブロッコリー、ジャガイモなど
・フッ素(歯を強化する)
→めざし、わかめ、のりなど
これらの食べ物を摂ることが、歯の健康につながりますので、積極的に日々の食生活の中に取り入れましょう。

「清掃性食品」

続いては、「清掃性食品」という、口の中の汚れを取り除いてくれる食べ物についてご紹介します。
これは、「直接清掃性食品」と「間接清掃性食品」という二つの食品を総称した名前です。
「直接清掃性食品」は、繊維が多い食べ物で、よく噛むことで歯の表面をキレイにしてくれます。
代表的な食材として、ゴボウやこんにゃく、レタスなどがあげられます。
「間接清掃性食品」は、酸味によって唾液の量を増やし、食べ物の停滞と酸性化を防ぐことが出来る食品の事をいいます。
梅干しや、酢の物などが代表的な食材です。

おやつは食べてはいけないの?

甘いお菓子は、虫歯につながるものが多いです。
しかし最初から、歯に悪いからダメ!と楽しみを奪ってしまうより、虫歯になりにくいおやつを選んでみてはいかがでしょうか。
例えば

・砂糖をあまり使っていないお菓子
→あられ、おせんべい、クラッカーなど
・歯につきづらい食べ物
→ヨーグルト、プリン、ゼリーなど
が例としてあげられます。
汚れが取れにくく唾液もあまり出ないような食べ物は虫歯になりやすいと言えます。
キャラメルやポテトチップス、菓子パンなどは、これに当たります。
もちろん食べてはいけないという訳ではないですが、食べすぎないよう量の調節と、歯磨きを怠らないようにしましょう。

今回紹介した食品は、歯を健康に保つための「手助け」をするだけにすぎません。
例えば、歯につきづらいからとゼリーばかりを食べていても、虫歯になってしまう可能性もあります。
何より健康的にも良くありません!
食後にヨーグルトを食べる、おかずは食物繊維が多い食材を積極的に取り入れるなど、普段の食生活に、バランス良く取り入れてみることがオススメです。

バランスのとれた食事をよく噛んで食べる、もちろんセルフケアも忘れずに。
これが歯を健康に保つためには非常に大切です。
そのためにも、何が歯に良い食べ物なのか、しっかり考えて参りましょう!