豊島区,池袋でインプラント治療するなら池袋デンタルオフィス

Tel:0120-418-188

お役立ち情報

「歯ぎしり」の危険と、その防止策

朝起きた時に顎が痛い、歯がしみることがある、肩こりや頭痛に悩まされている、歯の詰め物が取れやすい…。
どれか一つでも当てはまった方は、「歯ぎしり」の疑いがあるかもしれません!

自覚症状が無いだけに見落としがちですが、「歯ぎしり」は健康を脅かす危険な行為。
たかが癖のひとつ、と軽くとらえず、危険性とその対処法について、一緒に考えましょう!

まずは「歯ぎしり」について知ろう!

「歯ぎしり」は別名「ブラキシズム」といい、非機能的に上下の歯が接触している状態をいいます。
基本的には、眠っている間に行うケースが多いです。
また、その「仕方」にも種類がある事はご存知でしょうか。大きく分けて3タイプに分ける事が出来ます。

・グラインディング
→上下の歯を横にすり合わせる動きの歯ぎしりです。多くの場合はこれに当てはまる方が多いです。
・クレンチング
→歯と歯を強く噛みしめる動きです。非常に強い力が歯にかかっています。いわゆる「食いしばり」と言われるのがこのタイプです。
・タッピング
→上下の歯をカチカチと噛んでしまう歯ぎしりです。ケースとしては少ないと言われています。
上記の他に「グラインディング」と「クレンチング」が合わさったものや、一定の場所だけでギシギシすり合わせる「ナッシング」という歯ぎしりもあります。

引き起こす悪影響とは?

歯ぎしりは、放っておくことで、様々な悪影響を及ぼします。
大きなデメリットとして「歯が磨り減ること」が挙げられます。
その結果、噛み合わせが悪くなり、歯並びにも影響し、挙句の果てには、知覚過敏に陥ってしまうこともあります。
また、顎の筋肉を長時間使用した事で発生する、頭痛や肩こり、それに加え、噛み合わせが悪くなる事で、顔のシワやほうれい線が深くなってしまう事もあります。
まさに歯ぎしりは、百害あって一利なし!長時間放っておくことで、他の症状を引き起こすリスクもあるので、改善のための行動は、早めに行いましょう。

歯ぎしりの原因は…ストレス!?

次に、なぜ「歯ぎしり」をしてしまうのか、その原因について考えてみましょう。
実は、歯ぎしりが起こってしまう、明確なメカニズムは、まだ分かっていません。
一般的には「飲酒や喫煙」、「噛み合わせの悪さ」などが原因として考えられていますが、その中で一番有力な原因として「ストレス」が唱えられています。
日々の不安や怒りなどを、歯ぎしりをすることで解消しているようです。
また、歯ぎしりは浅い眠りの時に起こることが多いため、良質でない睡眠も原因の一つとされています。
ただ、基本的には、一つの理由ではなく、数々の原因が重なることにより発生するといわれています。

歯ぎしりと立ち向かうために

歯ぎしりをしないためには、まず何が原因なのか、その理由について考えてみることが大切です。
「ストレス」が原因の場合は、気分転換に運動する、睡眠時間をたっぷりとる、家族や友人とお喋りするなど、自分に合った発散方法を見つける事がおススメです。
もともと噛み合わせが悪い方は、まず歯の治療や矯正を行う必要があります。
また、「ナイトガード」という、歯ぎしり防止用のマウスピースもあるので、無理のない範囲で自分に合った治療法を見つけ出しましょう。

今回は、以外と見落としがちな「歯ぎしり」についてのお話でした。
軽く見ている方も多いですが、歯を削ったり、変形させたりと、放っておくと様々なお口のトラブルにつながります。
まずは、ストレスを溜めない事を心がけましょう。
リラックスして、深い眠りにつく事が歯ぎしり防止につながります。

歯ぎしりで歯が短くなっても、虫歯のような痛みはありません。
普段、気がつかないからこそ、この機会に一度見直してみてはいかがでしょうか。