豊島区,池袋でインプラント治療するなら池袋デンタルオフィス ジャパンインプラントセンター

Tel:0120-418-188

お役立ち情報

実は食べカスではない!「歯垢」とは?

歯みがき剤のCMなどでよく、「歯垢(しこう)」という言葉を耳にされる方も多いのではないでしょうか。
これは別名「プラーク」とも呼ばれ、細菌と代謝物の塊です。
中には食べカスだと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、実は全くの別物!

今回は「歯垢」についてのお話です。

虫歯や歯周病を発症させる「歯垢」

「歯垢」は歯の表面に付着している、白色または薄い黄色のネバネバした物質。なんと1mgに1億個以上の細菌が存在していると言われています!
多くの場合は唾液で流されるのですが、流れが悪い場所に付着するとその場で増殖を始めてしまい、さらに歯垢を形成することに…。
そうなってくると菌が表面のエナメル質を溶かして虫歯を発症させてしまいます。
また、歯垢は歯と歯肉の間にもたまるので、炎症を起こして歯周病を発症させてしまいます。
おまけに歯垢の中に存在する細菌は悪臭を放つガスを生成するので、口臭の原因にもなります。

歯垢を放っておくと「歯石」になる

歯垢とは別に、「歯石(しせき)」という言葉もよく聞くのではと思います。
実際、「歯垢」と「歯石」は何が違うのでしょうか。
簡単にいうと、歯垢を放置することで石灰化したものが「歯石」になります。
その名の通り、石のように硬いのが特徴で歯についたらブラシでとることは難しく、歯科医院等で取り除いてもらうしか方法がなくなってしまいます。
また、歯石の表面はデコボコしているために、歯垢がさらに付きやすくなり歯周病や虫歯を発症させやすい状態になってしまうのです。

歯垢の原因

食べカスでないとすると「歯垢」はなぜ発生してしまうのでしょうか。
結局のところ、口の中が清潔でないために増殖した細菌が歯の表面に付着してしまうことが歯垢の原因です。
なので、清潔が不十分な入れ歯や舌の表面などにも同様に付着してしまいます。
例えるならば、部屋を掃除しないとホコリがたくさん発生しますよね?お口の中でいうホコリがこの歯垢というわけです。

歯垢は簡単にはとれません

歯垢は様々なお口のトラブルにつながるため、発生させないことが一番です。
また発生しても歯石になる前に除去することが重要になってきます。
食べカスであれば、うがいや爪楊枝などで簡単にとれますが、歯垢の場合は歯の表面にしっかりとくっついていたり、バリアのようなものを張っていたりします。
発生してしまったら歯ブラシやデンタルフロスなどで物理的に除去するしかありません。
歯磨き粉が細菌をやっつけているように思われますが、歯磨き粉はあくまでも補助。
実際に歯ブラシなどで擦り落とさないと基本的にはとれません。

歯垢予防は、正しいブラッシングが基本

歯垢を発生させないためにはまず、適切な歯みがきを行う事が大切です。
正しいブラッシングのコツは以下の通りです。

・力を入れすぎない事
・磨きにくい場所からブラシをあてる
・磨く歯によってブラシの持ち方を工夫する

磨き残しが増えてしまうと口の中が不衛生な状態になり、ひいては歯垢を発生させてしまうのです。
一つ一つの歯に対して、歯垢を取り除く事を意識して丁寧にブラッシングしましょう。
自信が無い方は、鏡をもって目で確かめながら磨くのも良いでしょう。

今回は「歯垢」についてのお話でしたが、いかがでしたか?
一番確実なのは歯科医院で定期的に検診を受け必要に応じて専門的な除去を受けることですが、まずは正しいブラッシングを心がけましょう。
ただ、どんなに頑張ってケアをしても、時を重ねると少なからず歯垢は発生してしまうものです。
少しでも歯垢を減らすためには、歯ブラシとは別に歯間ブラシやデンタルフロスなどを使用して、しっかりと除去する事を意識してみてください。