豊島区,池袋でインプラント治療するなら池袋デンタルオフィス ジャパンインプラントセンター

Tel:0120-418-188

お役立ち情報

知覚過敏のお話

冷たい物を口にした時や歯ブラシの毛先があたった時に歯がしみると感じたら、それは知覚過敏の症状かもしれません。
テレビCMなどのメディアで「知覚過敏」という言葉をよく耳にするかと思いますが、どういった病気なのか、「虫歯」と何が違うのか、ご存知ない方も意外に多いのではないでしょうか。

そもそも知覚過敏とは

知覚過敏は、「象牙質知覚過敏症」と呼ばれ、歯の表面部分のエナメル質が削れたり、歯ぐきが退縮してしまう事で、「象牙質」が露出してしまっている状態のことです。
象牙質の表面には細い管が開いており、そこからの刺激が脳に伝わってしまいます。
冷たいものや、歯ブラシの毛先などが「象牙質」に直接触れたときに、一時的に痛みを感じてしまうというわけです。

虫歯とどう違うの?

虫歯は歯自体が溶けているのに対し、知覚過敏は歯の表面が溶けている状態です。
ただ、痛みの症状が似ているため、見分けるのは難しいのですが、見分けるポイントはいくつかあります。
主な違いは、一時的か持続的かという事です。虫歯の場合は長い時間痛みが続くのに対し、知覚過敏は痛みの時間が短いです。
また、歯を軽く叩いてみてください。虫歯の場合は痛みが走りますが、知覚過敏はそこまで痛みを感じないでしょう。

原因について

では次に知覚過敏になる原因について考えてみましょう。
もちろん、人によってその理由は様々ですが、歯並びや噛み合わせの不良が理由としてあげられます。
日常生活を営んでいるだけでも、偏った強い力が歯にかかり、日に日にエナメル質が削れていってしまいます。
また、歯ぎしりや食いしばりは、歯ぐきの退縮の原因の一つ。過度な力は歯ぐきに影響を与えてしまうのです。
さらに力任せの強いブラッシングも知覚過敏の元。
歯のエナメルを傷つけるだけでなく、歯ぐきにも悪影響を及ぼします。
この機会に日々のケア方法も見直しましょう。

予防するには、まずは正しいケア方法を

知覚過敏から遠ざかるためには、正しいケアが第一です。
丁寧なブラッシング方法でこまめに歯を磨いてあげる事、過度な圧力をかけずに、また磨く回数などにも注意してみてください。
苦手な方や忙しい方には、電動歯ブラシもオススメです。
毛先が自動で動いてくれるので歯磨きの技術がそこまで必要ありません。
ちなみに、歯磨き粉にはエナメル質が削れてしまう成分が入っている事もありますので、ブラシにつける歯磨き粉の量も多すぎないように気をつけましょう。

今回は知覚過敏のお話でした。
エナメル質は、食事などの咀嚼だけでも小さな傷がついてしまうものですが、再石灰化を毎日繰り返しているので、軽度の削れ具合であれば、自然に治癒していきます。
ただ、すぐに元どおりになるわけでもなく修復出来る範囲にも限界があるため、知覚過敏が毎日治るというわけではありません。
進行しすぎた場合は治療を受ける必要が出てきます。
食べたり飲んだりするたびに、歯がしみるという事は、身体的にも精神的にも大きな負担となります。
症状が大きくなる前にしっかりと予防をして、好きなものを思いっきり食べられるようにしましょう!