豊島区,池袋でインプラント治療するなら池袋デンタルオフィス

Tel:0120-418-188

お役立ち情報

歯に食べ物が挟まってしまう原因と対処法

歯に対するお悩みで意外に多いのが、歯に食べ物が挟まりやすい事!
この記事を読んでいる方の中にも、気にされている方は多いのではないでしょうか。
一度挟まってしまうとなかなか取れず、長い時間お口の中に違和感を抱えたままで過ごしてしまう…
そんな体験をした方もいらっしゃるかと思います。

歯に食べ物が挟まってしまうと、見た目が悪いだけでなく、様々な悪影響を及ぼします。

歯に食べ物が挟まる原因

そもそもなぜ歯に食べ物が挟まってしまうのでしょうか。
歯と歯の間に、隙間や段差があることで食べ物が挟まりやすくなってしまう、という事が主な原因なのですが、そうなってしまうには、以下の理由が挙げられます。

・虫歯
→歯に穴が開くことで、そこに食べ物が詰まってしまう場合もあります。
また、治療のためにした被せ物や詰め物が自分の歯と合っていないと、そこに隙間が出来て、食べ物が挟まってしまいます。
・歯ぐきがやせている
→歯周病などが原因で、歯ぐきが下がって根元にスペースが出来る事により、食べ物が挟まりやすくなります。
さらに、歯ぐきがやせてしまう事で歯がずれてしまい、歯と歯の間が広まり、より一層食べ物が挟まりやすくなってしまうのです。
・歯並びや噛み合わせの問題
→歯並びが悪いと、歯が重なっていたり隙間が空いてしまったりするので、食べ物が挟まる原因になります。
さらに、噛み合わせが悪い事で、力のかかり方に偏りが出てきてしまうので、さらに歯が移動し、食べ物が、より一層挟まりやすくなっていきます。

悪循環に陥る前に

食べ物が挟まったままの状態を放置しておくと、当然歯や歯ぐきに悪影響を及ぼします。
虫歯、歯周病、さらに口臭の原因になる可能性もあるので、早めの対処を心がけましょう。
さらに食べ物が挟まった状態が長時間続くと、歯ぐきの形や歯並びがさらに悪くなってしまうので、より一層食べ物が挟まりやすくなります。

挟まった状態のままにしない事が大切です

歯に食べ物が挟まった状態が続く事で、歯並びがさらに悪くなってしまい、そこに食べ物が挟まる…
そういった悪循環に陥らないためには、早めの対応が大切です。
食後は、歯間ブラシやデンタルフロスを使用し、歯の間にある食べかすは、すぐに除去するようにしましょう。
歯ぐきが痩せていたり、歯並びが悪い方は、なるべく早くに治療をしてしまった方が良いですが、軽度であれば、こまめに歯磨きなどのケアをすることで改善することもあるので、まずは丁寧なホームケアを心がけましょう。

いかがでしたか? 歯に食べ物が挟まったら、道具を使うなどしてすぐに取り除いてしまいましょう。
悪循環に陥らないよう素早い対応が大切です。
また、歯並びが悪い方は特に要注意です!見た目だけと思ってそのままにする方も少なくないと思いますが、放っておくと歯に食べ物が挟まりやすくなるだけでなく、虫歯や歯周病につながることもあるので、すぐに治療するようにしましょう。

当院でも、「インビザライン」という治療を行っているので、お悩みの方は是非ご相談ください。
少しでも「食べ物が詰まりやすくなったな・・・」と思ったら、早めの受診をオススメします!