豊島区池袋でインプラントなら池袋デンタルオフィス

池袋駅から徒歩5分
Tel:

お問い合わせ 資料請求

池袋駅から徒歩5分
Tel:

お問い合わせ 資料請求

お役立ち情報

「甘いもの」と「歯」の関係

昔から「甘いものを食べると虫歯になる」と言われていますが、そもそもなぜ「甘い」というだけで、虫歯になりやすくなるのでしょうか。

虫歯予防について考えたときに、甘いものとの付き合い方は、非常に重要なポイント。
今回は、「甘い食べ物」と「虫歯」の関係性について、お話です。

甘いものを食べると虫歯になりやすくなる理由

そもそもなぜ甘いものが虫歯になりやすいのかというと、「糖」が多く含まれているからです。

虫歯菌は酸を出して歯を溶かし、それがいずれ「虫歯」になっていくわけですが、それをするためには虫歯菌にもエネルギーが必要になってきます。
そのエネルギーというのが、つまり「糖」なのです!

甘いものには糖が多く含まれているため、食べるたびに虫歯菌にエネルギーを与えている状態になります。
正式にいうと「甘いものは虫歯になりやすい」のではなく、「糖が多く含まれるものは虫歯になりやすい」という事です。

虫歯になりづらい「甘いもの」とは?

一言に「甘いもの」と言っても色々な種類があると思います。
その中でも特に虫歯になりやすいものとそうでないものに分ける事ができるのですが、その一部についてご紹介します。

・虫歯危険度/高:ドロップ、ヌガー、キャラメル、ガム 等
→ガムなどは意外かもしれませんが、糖分が多く口に残り続けるので、虫歯危険度は高いと言えるでしょう。
さらにキャラメルやヌガーなどは、歯にくっつきやすいので、より危険度が増します。

・虫歯危険度/中:チョコレート、クッキー、スポンジケーキ、かりんとう 等
→こちらも糖分が高く、食べかすがなかなか取れません。
チョコレートなどは習慣化しやすいので要注意です!
ただ、スポンジケーキやかりんとうなどのポロポロサクサクとした食感のものは、糖分は高いですが歯にくっつきづらいので、少しだけ危険度は低くなります。

・虫歯危険度/低い:バニラアイス、果物、クラッカー、ピーナッツ、砂糖不使用のビスケット 等
→甘くても糖分が低いものは虫歯になりにくいといってよいでしょう。
アイスクリームは砂糖を多く含みますが、口の中ですぐに溶けて糖が残りにくいので危険度は低くなります。
さらに、クラッカーやピーナッツといったものは糖が少ないだけでなく、カリカリと砕け、歯にもくっつきづらいので特におすすめです。

甘いものを食べても、虫歯にならないために

糖が虫歯菌にとってのエネルギーになると言っても、食べてすぐに虫歯になるわけではありません。
私たちのお口の中には、虫歯を防いでくれる強い味方がいます。

それは、「唾液」です!
唾液には、酸を中和する働きがあるため、虫歯菌の働きを防いでくれるのです。

ただ、歯垢(プラーク)が多くなってくると、細菌膜と呼ばれるものが頑丈なバリアとなって唾液が内部に入りにくくなってしまい最終的には虫歯になってしまいます。
そうならないために、普段からしっかり歯を磨きましょう!

糖はあくまで虫歯菌のエネルギーになるだけなので、甘いものを食べない=虫歯にならない、というわけではありません。
「咀嚼が少ない」「間違ったブラッシングでのケア」などの行為も虫歯につながるので、普段の生活からしっかりと歯を良い状態に保つよう気をつけましょう。

しかし、普段からなるべく虫歯につながる行為は避けたいところ…。
そのためにも今回の内容を頭の片隅に入れておいて、少しだけ糖を意識して食材を選んでみてはいかがでしょうか。