豊島区,池袋でインプラント治療するなら池袋デンタルオフィス ジャパンインプラントセンター

Tel:0120-418-188

インプラントって
どんな治療?

一本だけ抜けてしまった歯も、
元の歯のような噛み心地と審美性を取り戻すことが出来ます‼︎

インプラントとは、顎の骨に人工の歯根を埋め込み、そこに人工の歯を装着することです。
厳密には、人の身体に埋め込む人工物のことをインプラントと言いますが、当院含め、最近では、「インプラント」といえば、歯科業界におけるインプラント治療が一般的になっています。

第2の永久歯、
インプラント

大切な永久歯が抜けてしまうと、治療後も入れ歯がカタついてご飯が食べられなかったりして普段の生活に少なからず悪影響を及ぼします。
永久歯は1度抜けてしまうと、代わりがないと言われていました。
しかし現在、「第2の永久歯」と呼ばれているものが「インプラント」なのです。

インプラントとは、顎の中に人工の歯根を埋め込んで歯をつくる画期的な治療法です。それによって、自分自身の歯のようにしっかり噛めるようになり、また噛み合わせも回復できます。

インプラントは、「痛い」・「怖い」と思われがちですが、当院では 静脈内鎮静法を併用して処置をおこなうため、痛みもなくリラックスした状態で処置ができます。また、顎がうすいために治療ができなかった方も、池袋デンタルオフィスでは、最新技術を取り入れているため、他院では出来なかったインプラント治療が可能になっています。

インプラント治療の
優れた点

他の歯に負担をかけずに、
失った歯を取り戻す

これまで、失った歯を補うためには、失った歯の両側が支える必要があったり、場合によっては削ったりして、周囲の歯がその負担を担う方法しかありませんでした。

インプラント治療は、歯を失った部分のみの治療が可能なので、他の歯を削ったり、過剰な負担をかける必要はありません。

歯ぐきにも影響させない治療

歯を失ってしまうと、歯ぐきはどんどんやせていってしまいます。それは、歯の根を支えていた骨が、力の伝達がなくなったためにその役割を失い、その結果、歯ぐきにも影響してしまうからです。やせてしまうと、次第に食べ物が詰まる、舌触りが悪くなるなどの症状が出てきてしまいます。

インプラント治療は、治療後も噛む力をしっかりと骨に伝える事が出来るので、時間が経っても歯ぐきがやせるリスクが低いとされています。

「インプラント」は、
「入れ歯」と何が違う?

それでも、歯を失った時の治療法は、入れ歯(義歯)を思い浮かべる方が多いのではと思います。

どちらも人工の歯を使った治療法ですが、入れ歯は、基本的に取り外しが可能な義歯を使った治療法で、制作時間が短く、比較的安価で作れますが、その分様々なデメリットが存在します。

  • 入れ歯

    完全に固定した訳ではないので、噛み合わせをとる事が難しい。

    毎食後、外して清掃する必要があり、手間がかかる。

    滑舌にも影響し、喋りづらくなる。

    噛む力も弱くなり、食べ物が噛みづらくなる。

    周りに、入れ歯である事を気づかれやすい。

  • インプラント

    完全に固定されるため、正確な噛み合わせをとる事が出来る。

    基本的には、自分の歯と同じようなケア(歯磨き)で問題ない。

    がたつきがなく、発音も問題なく出来る。

    本来に近い咀嚼力を取り戻せるので、不自由なく噛む事が可能。

    自分の歯と変わらない見た目で、周囲に気付かれにくい。

まずは、お気軽にご連絡ください。