豊島区,池袋でインプラント治療するなら池袋デンタルオフィス

Tel:0120-418-188

インプラントのリスク

良い事だけではない?インプラントのリスクとは?

インプラント治療は、他の義歯と比べ、見た目も美しく生存率も高いので素晴らしい治療法といえます。
ただ、高い成功率とはいえ、100%安全!という訳ではなく、少なからずリスクは存在します。

治療を受ける前に、インプラントのリスクについても理解し、改めて、自分にあった治療方法なのかしっかりと確認しましょう。

インプラント治療前に、他の問題がある方のリスク

全身疾患によるリスク
高血圧

血管が脆くなっている方は、手術後の治療不全を招く恐れがあります。また、手術中も突然、異常な高血圧が生じた場合、手術が困難になります。
そのため、高血圧症の方は、まずそちらの治療を優先しましょう。ただ、降圧剤を服用される方は、副作用で歯肉炎になりやすいのでご注意ください。

糖尿病

病状をしっかりと管理されていれば可能な場合もありますが、持病に糖尿病がある方はインプラント治療が困難な場合があります。手術後の治りに時間がかかったり、骨とインプラントがしっかり結合しないなど、様々なリスクを引き起こします。また、身体の抵抗力や免疫力が低下するので炎症や骨吸収を起こし、インプラントの脱落につながります。

骨粗しょう症

骨の密度や強度が低いために、骨とインプラントが結合しない可能性があります。また、服用されている治療薬によっては、インプラント治療を行う事が出来ないので、他種の薬にご変更いただく必要がございます。

心臓疾患・不整脈等

手術中のストレスの影響で起こる発作によって、危険な状態に陥る可能性があります。運動制限などが特にない方は、問題にならないことが多いですが、事前にしっかりとご相談いただく事と、十分な全身管理を徹底してください。

その他の問題によるリスク
咬み合わせが良くない方

咬み合わせが良くない事によって起こる、歯ぎしりやくいしばりなどは、咬む力が周りの歯の骨にダメージを与えます。
インプラントにはクッションの役割を果たす、「歯根膜」が無いので、歯ぎしりやくいしばりなどの力が、直接骨に伝わってしまい、「インプラント周囲炎」を引き起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。

歯周病

歯周病は、歯を支える骨が弱っていく病気なので、重度の歯周病の場合、インプラントを入れる事は、失敗する可能性が高い、かなり危険な手術になります。
また、手術前はそこまで進行していない状態でも、将来的に進行する事により、インプラント自体の寿命を短くする事に繋がります。
歯周病を発症している場合、まずは治療を行い改善する事に注力しましょう。

喫煙

もともと喫煙自体、全身もとより口の中に悪影響を及ぼすものですが、インプラント治療においては、骨との結合を妨げる事があるので、治療を成功させるためには、禁煙する事をおすすめします。
特に、手術の1週間前に禁煙する事で、リスクを大きく低減させると言われています。

治療中に、起こるリスク

神経の損傷

インプラント治療は、神経や、神経の側枝を損傷する可能性が少なからず存在し、特に骨の厚みや高さが十分に無い場合、このような問題が発生しやすいです。
もし神経に障害が起きると神経の回復には数日から数週間程度必要になってきます。
一番の予防策はCTでしっかりと手術前に骨の厚みを確認する事ですが、どうしても骨の厚みが十分で無い場合は、インプラント治療自体行えない可能性もあります。

ドリルによる損傷

手術の際に、使用するドリルですが、血管を損傷して出血する可能性があります。大量出血した場合は、手術翌日から3週間程顔の表面が変色してしまいます。ただこの現象は時間がたつと吸収されるので、最終的には消失します。

当院では、大学病院並みの高い技術を誇る歯科用CTを導入し、神経の走行を事前にチェックし、より安全性の高い体制で手術を行っていますが、引き起こす可能性が0では無い事をご了承ください。

治療後のリスク

腫れ

手術の範囲や個人差にもよりますが、手術後に腫れが生じる可能性は高いです。通常痛み止めを服用いただければ日常生活に支障をきたす事は少ないですが、改善には数日を要します。
また、めったに無いですが、内出血や痺れなどを引き起こす可能性もあります。

歯周病やインプラントの脱落

手術後は、インプラントと顎の骨は緊密に結合します。ただ、やはり健常な状態と比べ食べカスなどがたまりやすくなり、歯ぐきのトラブルを悪化させる可能性があります。その場合は細菌感染を引き起こす事もあるので、十分に注意しましょう。
また、治療後のケアを怠ると、インプラント周囲炎を発症し、腫れたり膿が出てしまい、インプラントが脱落しやすくなってしまいます。

まずはインプラント治療が可能かどうか、ご相談くださいませ。