豊島区,池袋でインプラント治療するなら池袋デンタルオフィス ジャパンインプラントセンター

Tel:0120-418-188

お役立ち情報

認知症予防に歯が関係?

年をとるにつれて、誰でも発症の危険がある「認知症」。
平成24年には400万人以上の方が認定されており、その数は、今も右肩上がりの傾向にあります。

そんな認知症ですが、歯科治療が予防に効果的という事をご存知でしょうか。
歯を使って食事をする事で、脳の活性化につながるのです。

歯数と認知症患者の関係について

高齢者を対象にした研究で、認知症の疑いのある人は、健康な人と比べ、歯数が平均5本少なかったという事が報告されています。
さらに高齢者の脳を対象にした研究では、歯数が少ない人ほど、脳の海馬付近と前頭葉、いわゆる脳の考える部分の容積が減少している事が報告されています。
この二つの事例から、歯数と認知症患者の数につながりがあるといえます。

歯の状態が悪いと・・・

高齢者の歯の状態と日常生活の状況を調べた調査では、歯が殆どなく柔らかい食べ物や流動食しか食べられない人の半数以上が、外出が少なく、寝たきり状態だと報告されています。その一方で、自分の歯でしっかりと食事をしている人は、自立した生活が送れている事が分かっています。
歯でしっかりと噛むということで認知症の危険を遠ざけ、命の質を高めていきましょう。

認知症予防のために

認知症を発症させない為にも、普段から歯を大事にする事を心掛けなければなりません。
歯の動きは、食べ物を食べる役割だけでなく、物を噛む行為が脳を刺激するという事が分かっています。普段からなるべく咀嚼行為を行う事で、認知症予防になる、というわけです。

ガムで、認知症予防

お手軽に咀嚼行為を行う事が出来る道具として、ガムが挙げられます。
ガムを噛む事により、脳の活性化が高くなるという実験結果もあり、認知症予防に効果的です。
自分の咀嚼力が分かるガムもあるので、時には自分の噛む力を客観的に見てみる事をお勧めします。

今や身近な病気といえる「認知症」。
自分の歯で噛んで、楽しい会話をしながら食事をすれば、脳に刺激を与えるだけでなく、社会性の向上にもつながり、認知症予防に直結します。
ぜひこの機会に、自分の歯を大切にする事を心がけてみてください。